北海道旭川市立動物園「旭山動物園」の体験記。ただいまリニューアル作業中。

旭山動物園 くもざる・かぴばら館の概要

異種混合展示。かぴばらとクモザルが同じ場所にすんでいる珍しい展示場です。


旭山動物園 くもざる・かぴばら館

旭山動物園のくもざる・かぴばら館は、2005年8月7日にちにオープンしました。

くもざる・かぴばら館は、名前からわかるように、クモザルとカピバラが同じ施設の中で放飼いになっている「混合展示」の施設です。

水を得意とするカピバラのために水辺を用意し、クモザルには人工のジャングルを用意。それぞれが自分の得意な場所で過ごせる工夫がされています。

旭山動物園のホームページによると、クモザルとカピバラは「どちらも南米の動物で,ケンカしたりはしない」とか。

*同施設では2005年の8月29日にカピバラに咬まれたクモザルが死亡するという事故が起りました。旭山動物園の方が、この事件については記事を書かれています。混合展示についての考え方が読み取れるわかりやすい文章です。よければどうぞ⇒旭山動物園の飼育ニュース「くもかぴ館での悲しい事故」